Rubyダウンロード及びインストール

広告

Rubyのダウンロード及びインストール方法を解説します。Windows環境へのインストールの場合には、有志の方が提供してくれているコンパイル済のバイナリファイルを使用してインストールを行ないます。

Rubyのダウンロードを行います。下記のURLへアクセスして下さい。

p1-1

画面上部のメニューにある「ダウンロード」をクリックして下さい。

p1-2

Rubyのダウンロードに関するページが表示されます。

p1-3

OS毎にインストール方法が用意されていますが、Windows向けのバイナリを有志の方がコンパイル済のバイナリを配布してくれています。配布されているサイトが画面下部に表示されていますので、今回はこの中から「RubyInstaller」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-4

「RubyInstaller」のリンク先は下記となっています。

p1-5

画面上部に表示されている「Download」をクリックして下さい。

p1-6

配布されているバイナリファイルの一覧などが表示されます。

p1-7

DEVKITが付いているものと付いていないものがありますが、画面右側には「If you don’t know what version to install and you’re getting started with Ruby, we recommend you use Ruby+Devkit 2.4.X as x64 or x86 installers. 」と記載がありますので今回はDEVKITが付いているものを利用します。Windows10(64bit)で利用しますので「Ruby+Devkit 2.5.1-1 (x64) 」をクリックして下さい。

p1-8

ダウンロードが開始されます。任意の場所に保存しておいて下さい。ダウンロードは以上で終了です。

続いてインストールを行ないます。ダウンロードした「rubyinstaller-devkit-2.5.1-1-x64.exe」ファイルをダブルクリックして下さい。

最初にライセンスが表示されます。よく読んで頂き、同意できる場合には「I accept the License」をチェックして下さい。その後で「Next」をクリックして下さい。

p1-9

Rubyのインストール場所の指定、及びオプションの設定です。

p1-10

インストール場所は少し変更して「C:\pg\Ruby25-x64」としました。

「Add Ruby exexutables to your PATH」はPATHに自動で設定するかどうか、「Associate .rb and .rbw files with this Ruby installation」は拡張子が「.rb」や「.rbw」のファイルをRubyと関連付けするかどうか、「Use UTF-8 as default external encoding」は出力するときの文字コードのデフォルトをUTF-8にするかどうか、です。

今回は「Add Ruby exexutables to your PATH」と「Use UTF-8 as default external encoding」にチェックをしました。設定が終わりましたら「Install」をクリックして下さい。

p1-11

インストールするコンポーネントを選択します。今回はMSYS2もインストールするのでチェックをしたままです。「Next」をクリックして下さい。インストールが開始されます。

p1-12

次の画面が表示されればインストールは完了です。「Finish」をクリックして下さい。

p1-13

続いて次の画面が表示されてMSYS2に関するセットアップを行います。MSYS2とはWindows上で動作するUnixシェルのようです。「1」を入力しその後で「Enter」を押して下さい。

p1-14

次に「2」を入力しその後で「Enter」を押して下さい。

p1-15

最後に「3」を入力しその後で「Enter」を押して下さい。

p1-16

「Enter」だけを押すと画面が終了します。

インストール完了後、インストール先のディレクトリの中を確認してみます。

p1-17

「bin」ディレクトリの中にRubyプログラムで使われるexeファイルなどが格納されています。

p1-18

MSYS2に関係するものは「msys64」ディレクトリの中に格納されています。

p1-19

Rubyのダウンロードおよびインストールはこれで完了です。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)