協定世界時との時差を取得する

広告

協定世界時とローカルタイムとの時差を取得します。Timeクラスで用意されている「utc_offset」を使います。

jisa = Time.now.utc_offset

現在のタイムゾーンがローカルタイムに設定されている場合に協定世界時との時差を数値で取得できます。

「utc_offset」メソッドと同じ機能を持つメソッドとして「gmt_offset」メソッドと「gmtoff」メソッドがあります。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

LibraryTime8.rb

#! ruby -Ks

jisa = Time.now.utc_offset

print("協定世界時との時差は" , jisa, "秒です¥n")

実行結果は次のようになります。

協定世界時との時差を取得する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)