時刻の加減算

広告

Timeクラスのオブジェクトに対して加算や減算を行うことが出来ます。まずは秒単位での加算と減算を行います。

t = Time.now
t = t + 10
t = t - 8

Timeクラスのオブジェクトに対して「+」メソッドや「-」メソッドを使って数値を加算減算できます。数値の単位は秒です。上記の場合は10秒増加させた後で8秒減少させています。

時刻と時刻の差分

また2つのTimeクラスのオブジェクトの差を求めることが出来ます。

t1 = Time.now
t2 = t1 + 10
sabun = t2 - t1

Timeクラスのオブジェクトに対して「-」メソッドを使って他のTimeクラスのオブジェクトを減算すると、2つのTimeクラスのオブジェクトの差を取得出来ます。単位は秒です。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

LibraryTime7.rb

#! ruby -Ks

t1 = Time.now
t2 = t1 + 10

print("1番目の時刻:" , t1, "¥n")
print("2番目の時刻:" , t2, "¥n")

sabun = t2 - t1

print("2つの時刻の差は:" , sabun, "です¥n")

実行結果は次のようになります。

時刻の加算減算

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)