Windows環境でUTF-8をベースに使用する

広告

Windows環境であっても文字コードはUTF-8ベースが主流となってきていることもあり、今後のRubyサンプルも文字コードにUTF-8を使っていきます。そこでWindows環境でUTF-8を使ってプログラミングを行うまとめをしておきます。

まずUTF-8を使用しますのでプログラムの先頭行に「#! ruby -Ku」を指定しておきます。

test5-1.rb

#! ruby -Ku
print("表示する")

そしてプログラムを保存する時は文字コードをUTF-8に指定して保存します。

通常はこれでいいのですが、Windowsで標準出力としてコマンドプロンプトを使用している場合、コマンドプロンプトの文字コードがShift_JISのためそのまま「print」メソッドなどで出力すると文字化けします。

Windows環境でUTF-8をベースに使用する

よって標準出力へ出力する場合は、UTF-8からShift_JISへ文字コード変換してから出力する必要があります。文字コード変換する方法はいくつかあるのですが今回は「Kconv」モジュールを使用します。

「Kconv」モジュールの詳しい解説は別のページで行います。ここでは使い方だけ見てください。まず「require」メソッドで「kconv」ライブラリを読み込みます。そしてモジュール関数として用意されている「Kconv.tosjis(str)」を使って文字コードをShift_JISに変換します。実際にプログラムする場合は次のようになります。

test5-2.rb

#! ruby -Ku
require "kconv"
print(Kconv.tosjis("表示する"))

実行結果は次の通りです。

Windows環境でUTF-8をベースに使用する

今度は無事表示されました。

BOMの扱い

文字コードをUTF-8で保存する場合、BOM(バイトオーダーマーク)付きにすると問題が発生します。UTF-8で保存する場合はBOM無しにして下さい。

下記は先ほど無事に動いたプログラムですが、保存する時にUTF-8のBOM付きで保存してみます。

test5-3.rb

#! ruby -Ku
require "kconv"
print(Kconv.tosjis("表示する"))

実行結果は次の通りです。

Windows環境でUTF-8をベースに使用する

このようにエラーが発生します。

test5-3.rb:1: Invalid char `¥357' in expression
test5-3.rb:1: Invalid char `¥273' in expression
test5-3.rb:1: Invalid char `¥277' in expression

エラーを見て頂くと分かる通り1行目でエラーが発生していることになっています。UTF-8でBOMを付けた場合にはプログラムの先頭に3つのバイト「EF BB BF」が付きます。「EF BB BF」をそれぞれ8進数にした値が「357 273 277」です。Rubyはこの3つの文字を不正な値としてエラーにしているわけです。

UTF-8で保存する場合にはBOM無しで保存して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)